※当クリニック病児保育は2018年5月をもちまして閉室となりました

病児保育って何?

保育の様子病児保育とは病気回復期の乳幼児の一時 預かり保育のことです。
(対象:生後6ヶ月から就学前までの乳幼児)
禹小児クリニックは子育て支援の一環として病児保育室「ウッピールーム」を併設しています。
「ウッピールーム」は全国病児保育協議会 に加盟しており、そこで研修を受けている保育士・看護師がお子さんを保育・看病 します。

どんな場合に利用できるの?

赤ちゃん重症でないお子さん・病気回復期にある未就学児のお子さんをお預かり致します。
またご家庭で看病するのが不安な場合は親子一緒でもご利用できます。
(原則として、禹小児クリニックを受診されているお子様が対象になります。
他院の診察であっても、担当医が病児保育室の利用を了承して記入した医師連絡票を持参していただいければ、前日までの予約の上で利用可能です。
ただし全身状態が悪い、当日高熱(40度以上)がある、感染力の強い麻疹(はしか)・インフルエンザ・アデノウィルスなど、他児への感染力の強い病気の場合はお預かりできません。
溶連菌・流行性耳下腺炎(おたふく)・水痘(みずぼうそう)・手足口病等の場合は重症でない限り病初期からお預かり致します。